ブランドのコアはある?デザインは一貫してコアに従おう!

ブランドのコアはあるけど? デザインは一貫してコアに従おう!ブランディング
ブランドのコアはあるけど? デザインは一貫してコアに従おう!

こんにちは!

都内美容メーカーでブランドマーケティングをしている、けいぬ(@kuku_006611)です!

前の記事では、「ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと/世界で通用するデザイン経営戦略」を紹介しながら、ブランディングに関してご紹介しました。

ブランディングって何?説明から実践のためのプロミスまでを紹介 | IN → OUT (k-innout.com)

それを基に前回までに自己分析・ブランドDNAと行ってきたので、それを基にした表現方法の解説を行ってみようと思います!(*リブランディング前)

この記事はこんな人におすすめ!

✓ブランディングをしてもぶれてしまう

✓ブランディングの実際のステップの具体例が見たい

■STEP 1:本質を見極める~STEP 2:ブランドDNAを定める

まずは、本質を見極める分析をし、それを基にしたブランドのコアになるDNAを定めます。ここはかなり重要なポイントなので、こちらの記事にまとめております。

ブログのブランディング?まずは自己分析! | IN → OUT (k-innout.com)

ブログのブランディングどうする?最重要なのはブランドコアの設計! | IN → OUT (k-innout.com)

今回は、そのブランドDNAは分かっているけど、これでいいのかなという方にその表現方法に関して解説します!

■STEP 3:ブランドアイデンティティで体現

ここでブランドアイデンティティを表現として決める事。イメージを統一化させることでどんなタッチポイントでも一貫した世界観を感じさせます。これがないと、せっかく作ったブランドコアを伝える事ができません。

■ビジュアルアイデンティティ

そのためにビジュアルアイデンティティをクリアにしていきます。

このような項目を整理させることでより

注意すべきなのはこれらにおいて「ブランドDNAの表現する形になっているのか」「独自性があるか」「差別化されているか」という視点です。この点を抑える事でより強い世界観を作る事ができます。

京都大学や三井住友銀行がビジュアルアイデンティティをまとまめているので、見てみてください。

ビジュアル・アイデンティティ | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)

ビジュアル・アイデンティティ : 三井住友銀行 (smbc.co.jp)

実際にこのブログでも行ってきましたが、1人で行うブログではそこまでのルール化は不要でロゴなどの表現に集約させました。

結果として下記のように生まれ変わりました!

■STEP 4-5:反映・共有

STEP 4:ブランドコラテラルの制作とSTEP 5:インナーブランディング(社内での足並み揃え)にあたる表現はこのSTEP3の表現を基に広告動画・画像などを制作し、さらにこのアイデンティティを社内に共有する事で関与者の中でブランドの世界観の認識をしっかりと持つ事ができ、強いブランドができます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。ブランディングの表現に関してステップを添えてご紹介してきました。自分自身これをしていくことで発見する事も多かったので、是非自分のブランドでも行ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました