ファンを活用して新規顧客獲得へ!

ファンを活用して新規顧客獲得へブランディング
ファンを活用して新規顧客獲得へ!ファンベースの活用方法とは?

こんにちは!

都内美容メーカーでブランドマーケティングをしている、けいぬ(@kuku_006611)です!

突然ですが、あなたのブランドで規模を大きくするために、新規顧客獲得を掲げているが、離反が多い事と問題に思ったことはありますでしょうか。

この現象は多くの企業である事かと思います。

「ファンベース」から解釈した、ファンの活用方法に関してご紹介します!

こんな人におすすめ!

✓毎回新規客獲得に成功しているがなかなか売上が伸びない

✓離反客が多くCRM施策が手薄だと思うが具体的に何をすれば良いかわからない

■ファンベース施策の重要性

ファンベースとは、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていく考え方です。ファンとは、「企業やブランド、商品が大切にしている価値を支持している人を差します。

独自性が技術力の進歩ですぐに真似され、情報多寡でキャンペーンが届かない、届いてもすぐに忘れ去られる(効果が出ない)時代により重要性が増しています。

ただ、このファン重視の施策のみではなく、新規顧客へのアプローチとの併用が重要です。でないと規模は大きくなりにくく、この両輪をうまく活用していく必要があります。

■ファンの支持を強くするために

3つの軸がよりファンの支持を強くするために重要です。

①共感

ファンでいる自信を生み出すために共感を生み出す必要があります。

・ファンミーティングで「偏愛な話で発見してもらう」愛している理由の共有してもらったり、インスタグラムでの一般レビューのShare、また、情報を先に出すなど新規客より優先である事を表現します。

②愛着

他に代えがたいストーリーあるものに愛着を感じるように、モノをコトに変える事が重要です。開発者のストーリーや創業者の想いの共有や、一緒に実際の商品を作る体験も、そこ体験したことは忘れられなくなり、「モノ」自体が「コト」になるのです。

③信頼

ファンであるために、周りに紹介しても恥ずかしくないような誠実性をきちんと見せる事も必要です。

何度も来るDMやリターゲティング広告に鬱陶しく思ったのでは、嫌がられるブランドの特徴でファンはできません、(いてもファンであることを公言しない)。

また、工場や開発期間など、品質の根拠になる細部まで見せて丁寧に紹介する事が「このファンなんだ!だってXXXで品質もしっかりしているし」と周りに紹介しても恥ずかしくない事に繋がります。

■上司を説得するために

施策は浮かんだものの、やはり実践するためには社内提案なども必要でしょう。そんな時に必要なのは、やはり数字に落とすことです。

①ファンが重要な証明

2割のファンが8割の売上を作っているというパレートの法則というものがあるように、ファンの売上の重要性を示しましょう。購入回数別の人数と総購入金額をまとめればOKです。案外分かっていても、これを上司に見せると確かにと思う部分が大きいでしょう。

②ファンが新規客を捕まえる証明

5人に1人でも良いのです。ファンが1万人いたとして、同じコミュニティを5-10人、その中で買ってくれる割合が20%だとすると、1-2万人が購入者になります。さらに、そこからの2次波及を考えると、併せて3-6万人が買ってくれます。1万円のものであれば、3-6億円の売上になります。同じコミュニティであれば、より価値観の近い人が多く購入確率は高くなります。

③ファンのロイヤリティが上がり購入につながる証明

さらに1個買うだけで、1万人が1個追加で買うと、1億円になります。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。ブランディングはより概念的で好意を上げるようなイメージです。しかし、このファンベースはブランディングを数字に落としてくれます。

実際に筆者の私も、新規獲得が重要と位置づけられる中、ファンを使った新規顧客獲得にフォーカスした施策の提案を通しました!是非皆様も活用して、ファンの皆様に楽しんでもらうとともに、売上も伸ばしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました